本文へ移動

予防接種

定期・任意の予防接種

子宮頸がんワクチンの予防接種をおこなっています

ヒトパピローマウイルス感染症とは
ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

ワクチンの効果
HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、定期接種が行われています。ワクチン接種の効果
HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。
HPVワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。また、接種が進んでいる一部の国では、まだ研究の段階ですが、子宮頸がんを予防する効果を示すデータも出てきています。

ワクチンの種類と接種スケジュール
当院では、4価ワクチン(ガーダシル®)、9価ワクチン(シルガード®9:定期接種では使用不可)を取り扱っています。
定期接種の場合は、ガーダシルを接種します。神戸市の助成券は、病院に置いています。神戸市以外にお住いのかたは、お住いの市町村にお問い合わせの上、ご予約お願いいたします。

ガーダシル®、シルガード®9は初回接種(1回目)、2ヵ月後(2回目)、6ヵ月後(3回目)に、通常、腕の筋肉へ注射します。
3回接種することで予防効果が得られるため、3回目まできちんと接種してください。

1回目にガーダシル®を接種した場合には、2回目・3回目の接種もガーダシル®を使用してください。
様に、1回目にシルガード®9を接種した場合には、2回目・3回目の接種もシルガード®9を使用してください。
1回目以降、2・3回目で他のHPVワクチンを接種した場合の予防効果は確認されていません。

※ 事前にワクチン確保が必要なため初回のみ電話でご予約をしてください
コロナワクチン接種後は、2週間以上の間隔をあけて、ご予約ください

ワクチンQダイアリーへの登録が必須
シルガードを接種するには、医療機関での登録と、ご自身で「ワクチンQダイアリー」というシステムに登録していただく必要があります。
院内での滞在時間短縮のため、事前登録をお願いします。全例登録が義務になっていますので、この登録をしないと接種をすることはできません。


定期の予防接種は、各市町村が実施主体となっていますので、お住まいの市町村での実施方法など、詳細については、市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。

 



定期接種の時期が過ぎている場合、自費となります。
コロナ感染拡大に伴い、接種時期が過ぎた場合、定期接種の期間が延長されている可能性があります。お住いの市町村にお問い合わせの上、ご予約ください。
1回分の金額です。



 

ワクチン接種後の注意

① 接種後は強く揉まず、軽く押さえる程度にとどめてください。
② HPVワクチン接種後に、注射による恐怖、痛みなどが原因で、気を失うことがあります。気を失って転倒してしまうことをさけるため接種後すぐに帰宅せず、30分程度は接種した医療機関で座って安静にし、医師とすぐに連絡がとれるようにしておいてください。
③ HPVワクチンを接種した後に注射した部位が腫れたり、痛むことがありますが、これは、体内に備わっている抵抗力が注射した成分を異物として認識するためにおこります。通常は数日間程度で治まります。
④ 接種後は、接種部位を清潔に保ってください。
⑤ 接種後24時間は、過度な運動を控えてください。
⑥ 接種した日の入浴は問題ありません。
⑦ 接種後1週間は症状に注意し、気になる症状があるときは医師にご相談ください。
⑧ HPVワクチンを接種した後も、ワクチンでは予防できない型のHPVによる病変を早期発見し早期治療するために子宮頸がん検診の受診が必要です。20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。




 

医療法人社団 恵友会
久保みずき小児科・産婦人科
〒655-0051
兵庫県神戸市垂水区舞多聞西6丁目1-1
舞多聞100年の杜メディカルモール2F
小児科TEL :078-782-3322
産婦人科TEL:078-782-3312

小児科/産婦人科
 
TOPへ戻る